薄毛対策の最終手段として考えられるのが植毛

 

育毛剤や育毛シャンプーなど様々なもので、薄毛対策をしてきても効果を得る事ができなかった場合、最終手段として考えられるのが植毛です。

植毛の場合、一般的には自毛植毛、つまり、自分の毛をドナーとして行う植毛が多く、多くの人が、この自毛植毛によって、薄毛対策をしてきていると入れています。

そんな自毛植毛とは、基本的に後頭部などあまり薄毛が気にならない場所からドナーになる毛を採取し、そのドナーとなる毛を薄くなっている場所に移植する方法です。

この自毛植毛のメリットと言えば、ドナーが自分の毛と言う事で、拒絶反応が出にくいと言う事。その上で、定着率も高く、失敗する事が少ないといった点が挙げられます。その他、自分の毛と言う事で、毛質も同じで馴染みやすく、自然な仕上がりを実現させる事が可能になっています。

これらのメリット以上に助かるのが、一切のメンテナンスが不要と言う事です。一度、移植手術を行えば、後は、特にメンテナンスも必要なく、費用の事も気にせず、暮らしていく事が可能になってくるのです。

しかし、これらとは違いデメリットも存在するのが、自毛植毛です。デメリットの代表は、その費用です。決して、安い費用ではない為、誰でもが簡単に行う事ができる薄毛治療と言う事は出来ません。その他、自分の毛と言う事で、移植する事ができる量に限界があります。その為、薄毛が進行している場合、すべての薄毛をカバーするほどの量を移植する事が難しい場合も考えられるのです。

その他、後頭部からドナーを採取する際にどうしても、傷跡が残ってしまいます。少ない回数や小さな面積の場合、さほど、気になるほどの傷跡ではありませんが、やはり、回数が増えたりすると、少し目立ってしまう事も考えられる為、その点においては、医師との相談が必要です。

このように、自毛植毛を行う事によって、かなりの確率で、薄毛治療を行う事は可能と言えます。しかし、その分、費用などの問題に直面する事も考えられると言える治療方法になっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket