産後の抜け毛の原因はホルモンバランスの乱れ、食生活の偏り

 

私は、昔から髪が細く、本数も少ないのではないかと思います。

独身の時、髪が多くて大変なの、と言っている友達が2つ結び、私が1つ結びをしていた時、私の全体を1つにした髪の量と、2分の1の量である友達の髪の束が同じくらいだったのです。こんなに違うんだ!?とショックを受けたのを覚えています。
今は結婚して、3人の子供がいます。

1人目の子を産んだ時、産後の抜け毛が始まり、このまま禿げてしまうのではないかと思うくらい抜けました。
髪を洗う度に排水口は真っ黒!

どんなにそうっと洗ってもバサバサ抜けていきます。産後3ヶ月から始まった抜け毛は半年ほどで治まりましたが、1年経つくらいまでは外出すらも嫌で、育毛剤を使おうかな、とか、ウィッグを購入しようかな、とかウジウジ考えていました。
3年後に再び妊娠し、とても嬉しかったのですが、同時に産後の抜け毛のことも思い出しました。
今度こそ禿げたらどうしよう!?と考えると怖くて怖くて。

できることは何でもやろうと決心し、色々調べてみました。

産後の抜け毛の原因は、妊娠・出産によるホルモンバランスの乱れで、偏った食生活を送っていると、それに拍車がかかるそう!
そこで、主人や子供の残り物で済ませていた食生活を反省し、バランス良く食べるよう心掛け、大豆・豆腐・豆乳から大豆イソフラボンを摂取したくて、多めにいただいていました。

大豆食品は食べ過ぎると、赤ちゃんが大豆アレルギーになりやすいとも読んだのですが、1人の女性が食事で摂取する量でアレルギーが発症することはないとも読みましたので、そちらを信じて。

それにプラスして、お風呂に浸かっている時、椿油での頭皮マッサージもしていました。
血流、良くなって~!と気持ちを込めて。

それを産前から産後1年間続けました!
すると、抜け毛は1人目の子の時より明らかに少なかったんです!
本当にホッとしました。

また更に3年後に妊娠し、その時は高齢出産ギリギリの年齢でしたので、前回のケアにサプリメントをプラスしました!
お腹に赤ちゃんがいますし、無添加のニューサイエンスさんのマルチミネラルビタミンをチョイス。
嬉しいことに栄養状態が良かったせいか、3人目の時はさらに抜け毛が少なかったのです。

抜けるのは、妊娠中に抜けなかった分がガンガン抜けるのですが1人目の時と比べると、外出も髪のスタイリングも苦痛になるほどの抜け毛には至りませんでした!

産後の抜け毛で苦労している皆様、自分を労わることが髪を労わることになると思います。
どうぞご自愛下さい♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket