頭頂部の薄毛の原因のほとんどは還元酵素5αリアクターゼ

 

頭頂部の薄毛の原因のほとんどは、還元酵素5αリアクターゼというものでこれはいわゆる男性型脱毛症の代表的な原因となっているものです。

基本的に、薄毛の要因は一つではありませんが男性患者に限定すると男性ホルモンを起因とする男性型脱毛症が脱毛症の約7割を占めていることが分かっています。つまり、男性型脱毛症を治療するだけでほとんどの脱毛患者を救うことができることにつながるのです。

男性型脱毛症の症状の進行はかなり特徴的で、頭頂部や前頭部を中心として髪の毛が抜けていきます。これは、男性ホルモンが起因して作られる還元酵素5αリアクターゼに対する抗体をこの部分の髪の毛が持っていないからにほかなりません。

実際に、男性型脱毛症を治療するときにはこうした物質に対する抗体を持っている髪の毛を利用して手術をすることになりますので、要因を取り除くことができれば症状を抑えることができます。実際に、この症状に関してはすでに男性ホルモンの働きを抑えて還元酵素5αリアクターゼの効果を出さないようにすることで治療をすることができる薬も提供されています。

では、なぜこうした専門の発毛剤を服用するとなぜ脱毛症状を改善することができるようになるのでしょうか。一般的に、脱毛症状を治療する専門的な薬はプロペシアと呼ばれており、この薬は日本国内で唯一薄毛の治療に役に立つ薬として認可されています。プロペシアが最も効果を及ぼすのは、男性ホルモンを原因とした男性型脱毛症に苦しんでいる患者に対してということを忘れないようにしておく必要があります。

そもそも、男性型脱毛症を発症している患者は、体内で発毛を阻害する物質を作り出しており、これが還元酵素5αリアクターゼと呼ばれているものです。この原因となっている物質の働きを抑制しないと必ず薄毛の症状は進行することになり、若ハゲの要因にもなります。

プロペシアは、この原因となっている物質の働きを最小限に抑えることによって、それまでの薄毛の症状を緩和させることが出来るようになっているのです。実際に、プロペシアの代表的な副作用としては男性ホルモンを抑えたことによる男性機能の不全が報告されています。

そうした副作用が生じる可能性は非常に低いのですが、実際に薬を服用して男性ホルモンが抑えられた結果、勃起をすることが出来ない身体になった人もいるのでその点だけは忘れないようにしておくことです。

頭頂部や前頭部に関しては対策と治療法が既に用意されているということを理解しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket